はなPAN 2018.5.6 食べて話して大満足!バーベキュー!  

5月のはなPANは、もはや恒例となっているバーベキューです!

青空も広がりまさにバーベキュー日和!新たにゆうPANからはなPANにご招待したメンバーも加わって、過去最高の9人での活動です。

「今日のお肉はなんだろう?」期待に胸を膨らませながら、早速小金井公園に向かいました。

ゴールデンウィーク最終日ということもあり、バーベキュー場も大勢の人で賑わっています。

バーベキュースタート!

シートを敷いて、皆でグリルやテーブルをセッティングしたらいよいよ調理開始です。

3つの班に分かれて、ねぎまを作ったり、野菜を切ったり、ウィンナーに串を刺したり・・・みんなで作るバーベキュー。下準備は大切です!

軽快なカントリーミュージックを流すと、「アメリカっぽいですね!」と一人のメンバーから反応が。音楽というちょっとしたアクセントで場の雰囲気もパッと変わって、ますます下準備にも熱が入ります。

昨年は、調理の際に包丁を見て少しドキドキしていたメンバーからも、「今年は大丈夫です!」と頼もしい一言がありました。昨年と比べることができるのも恒例企画の良いところ。確かな成長を感じます♪

野菜と火の準備が出来たところで、いよいよ乾杯!

「お肉が焼けたよー!」と呼ぶと次々に並ぶメンバーたち。じゃーんとはじめに焼けたのは“上カルビ”!!炭火に脂が滴って「ジュワッ」と火が起こると「僕も焼くよ!」と張り切るメンバーもいます。

食べるのも良いですが、今回も仲間に「どうぞ」ができるようにとみんなにも一度は焼いてもらいました。

はじめはヘラを使ってお肉をよそうのが苦手だったメンバーも「こうやってよそうと良いよ」と教えると上手くよそうことができました。それが嬉しくて表情もニッコリ。

さらに仲間によそってもらったことが「嬉しかった」と話すメンバーもおり、自分一人ではなく、仲間と一緒にやるバーベキューの楽しさを感じる事が出来たようです。

美味しいデザート!

時間は13時を過ぎ、たくさんお肉や焼きそばを食べた皆のお腹はいっぱいに。シートの上でごろんと寝転がって気持ち良さそうにお昼寝するメンバーもいました。

少しだけ野菜が残り「食べないの~」と皆に声をかけましたが、お腹がいっぱいになり「うーん」といまいちな反応・・・よーしそれなら・・・

じゃーん!と出てきたのは「焼きリンゴ」と「焼きマシュマロ」のデザート!

スタッフが一足お先にマシュマロを焼いて、皆の前でパクっ!すると、シートでゴロゴロしていたメンバーも目の色が変わって「食べる!」と飛んできました。

串に刺したマシュマロを、「熱い~」と言いながらじっくりと炭火で焼いていくと、マシュマロの表面に美味しそうな焼き目が・・・! プクーッと大きくなったところでいただきます!

毎年楽しみにしている焼きマシュマロ。たくさんあったマシュマロもあっという間に無くなってしまいました。

 

そしてバーベキューもいよいよ終わりの時間に。大切な後片付けも毎年やっていることもあり、簡単な声かけだけでテキパキと動くことが出来ました。

最後は円になって大きな声で「ごちそうさまでした!」お腹いっぱい大満足で、小金井公園を後にしました。

スタッフコラム

今回、集合場所に着いた時、何人かのメンバーから前回の活動で渡した“友達企画の企画書”の提出がありました!

以前に食べて美味しかったものを皆で食べたいと思って書いてくれたものや、タイムスケジュールを分単位で考えてきてくれたもの、さらに企画書を7枚も書いてきてくれたメンバーもおり、「みんなで楽しみたい!」という想いがひしひしと伝わってきました。

きっと頭の中でなんとなーく皆で楽しんでいる様子を想い浮かべながら書いてきてくれたのではないかと思います。皆しっかりと自分の手で書いてきたことが何よりも嬉しかったです!

一つ一つの企画が、どれも叶えてあげたい大切な企画です。

いつかは、はなPANの活動全てが皆からの“想い”の結晶になったら良いなと、集まった企画書を手にしみじみ感じます。

まだまだ企画は募集中です!皆からの熱い想い、お待ちしています!

齋藤 遼平(JOY)

Last Update 2018.3.18 Copyright (C) 2000-2018 hanaoka-cec All Rights Reserved

トップページ | 東京少年インディアンクラブ| 子育ての輪 まいふらわー | 花岡児童学園 | 障害福祉サービス 地域生活支援事業 | がんばれクラブ | 継続個別支援 | 理念 団体案内 | 活動拠点の案内 | 相談