はなPAN 2018.6.3 青春☆車旅 ドライブツアー  

出発!

6月のはなPANの活動は、クラブ初の試み、一日ドライブツアーです♪

この日の東京は暑いくらいのドライブ日和で、普段の活動とは違う車での移動に、みんなの顔も明るく元気!

今回はJOYとかびごんの運転で、あきる野市・日野市のスポットをご案内します♪みんな大好き助手席のジャンケンをして、早速ドライブに出発です!

長い長い道中、最近行った修学旅行の話をしてくれたり、「皆に自分の好きな曲を紹介したい」と音楽を流してくれたりと、車内は早速にぎやかに♪

JOYからかびごんへの、電話を通した“車内放送”では、離れた車のメンバー同士で「○○くん起きてる~?」「起きてるよー!」と電話越しにおしゃべり。

マイクを通したいつもとは違う仲間とのやり取りはそれだけでおかしくて、大笑いしながら仲間にしゃべりかけていました!

大岳鍾乳洞

武蔵五日市駅を過ぎて最後の分かれ道を曲がること20分。人のほとんど通らない道や、怪しげなトンネルを進むと、ようやく最初のスポット、“大岳鍾乳洞”に到着です。

ヘルメットをかぶっていざ入洞!すると、汗ばむくらいの外の気温とは裏腹に、鍾乳洞の中は約11℃ととってもヒンヤリ。

鍾乳洞の中は天井も低く、壁も狭いですが、洞窟内には“無限天井”“奥の細道”“銀河殿”など、洞窟の形からイメージされた名前があるポイントがあります。それを見て「どうしてこの名前なんだろう?」「なるほど!」と、鍾乳洞ならではの岩の形や質感に思いをはせているメンバーもいました。

足場が悪く、スタッフが助けたほうが良いかなー?と思ったメンバーもおり、手を差し出してみましたが「一人で大丈夫!」と言わんばかりに、自分一人の力で進むことができました!

40分ほどかけ外に出ると、もう皆のお腹はペコペコ。「食べるぞー!」と再び車に乗り込みました。

宝光寺~再びドライブ

お昼の美味しいカツ丼を食べ、お腹がいっぱいになったあとは、日の出町にある“宝光寺”へ。

なんとここには、今年の三月に出来たばかりの大仏様がいます。その大きさなんと12メートル!高いところに鎮座している大仏様。少し離れた駐車場から見てもその大きさが良くわかります。

大仏様の目の前まで歩いてみると、圧巻の 迫力!ですが優しい表情をした大仏様を見て、自然と大仏様の前まで行って手を合わせるメンバーたち。

「不安な事やイライラも大仏様ならなんでも聞いてくれるよ。」と話すと、何か聞いて欲しい話がある様子…。みんな、どんな思いを大仏様に届けたのでしょうか?

車に乗っていたとはいえ、意外と歩いた一日。帰りの車内では疲れだけではなく、車だからこその安心感からでしょうか。ついつい瞼が落ちてしまうメンバーも。

そんな中でまた車同士で電話をつなぐと、ハッと目が覚め、向こうの仲間と再びおおはしゃぎ。その様子を「やれやれ」と見守っていたり、「楽しいですね」と共感したり…。

電話を切っても、クイズを出し合って遊んでみたりと、音楽やおやつがなくても、仲間といるだけで楽しい事がそこにはたくさん溢れていました。

スタッフコラム

仲間と行くドライブには、ただの交通手段としてだけではない、それだけで楽しい何か不思議な魅力があるように私は思います。それをクラブのメンバーにも感じてもらいたいと思ったのが今回の企画の始まりでした。

私は車での旅において、車内の仲間との距離の近さがとっても好きです。誰かが話せば皆が聴いて、音楽をかければ皆が楽しくて…。

他のお客さんを気にせず、自分達だけの空間がそこにはあります。

様々な車内での楽しみ方がありますが、今回ははじめての試みで、その楽しみ方がイマイチわからなかったメンバーもいたように思います。ですがそれは経験!

次はきっとみんなからも、色々な過ごし方へのアイデアが飛び出してくれると良いなと思います。

助手席のワクワク感・席によって見え方に違いのある景色・ドライブスルー…etc まだまだ車ならではの楽しみ方はいっぱいあります!

メンバーからの声も好評でした。また機会があったらもう一度できる日が来るかもしれません…♪

齋藤 遼平(JOY)

Last Update 2018.3.18 Copyright (C) 2000-2018 hanaoka-cec All Rights Reserved

トップページ | 東京少年インディアンクラブ| 子育ての輪 まいふらわー | 花岡児童学園 | 障害福祉サービス 地域生活支援事業 | がんばれクラブ | 継続個別支援 | 理念 団体案内 | 活動拠点の案内 | 相談